8/15「たぬきとどこまでも」夏休み2本立てバリアフリー上映会
■映画紹介
■予告編
■前回(2014)上映会



この街を駆け抜けた子どもたち「たぬきとどこまでも」
夏休み2本立てバリアフリー上映会
(日本語字幕+音声ガイド付き)

8/15(月)パルテノン多摩小ホールにて多摩市を舞台にした映画2本を上映致します。
1999年公開『どこまでもいこう』+2014年上映『たぬきがいた』
開催: 2016年8月15日(月)
会場: パルテノン多摩小ホール[定員304名] 交通のご案内
上映スケジュール
12:00~13:15 『どこまでもいこう』 (75分)
13:30~15:01 『たぬきがいた』 (91分)
16:20~17:51 『たぬきがいた』 (91分)
★18:10~19:25 『どこまでもいこう』 (75分)
チケット
一般 前売券1,200円 当日券1,400円
小中高大学生・障がい者 前売券  800円 当日券1,000円
(未就学児&介助者1人 無料)
家族ペア券 大人1名&子ども1名 1,600円 (前売りのみ)
★ラスト一本 700円(当日券のみ)
●開場20分前、各回入替制、全席自由、価格は全て税込です。
●当日券は席がなくなり次第完売とさせていただきます。ぜひお得な前売券をお求めください。
●前売券はご鑑賞されなくとも払い戻しはいたしません。
地域 住所 店名
多摩センター 落合2 パルテノン多摩2F 「チケットパルテノン」
聖蹟桜ヶ丘 関戸6 多摩市役所売店 「ひまわり」
永山 永山1 ベルブ永山3階 「はらっぱ」
諏訪5 諏訪商店街 「あしたや」
豊ヶ丘 豊ヶ丘1 「ダイニングバー・モンキーランド」
前売券の販売、ネット予約は終了しました。
当日券は会場にて11時から販売します♪
会場連絡先:080-6771-9383

主催:たぬきがいた たぬき団 / 後援:多摩市教育委員会 / 協力:たえのは

予告編 【8/15(月)「たぬきとどこまでも」上映会】

映画紹介 『どこまでもいこう』


小学校5年生のアキラと光一は仲良しの悪ガキコンビだ。
新学期、彼らは教員の思惑により別の クラスにされてしまうが、『友情』は今までと変わらずに続いていく…そう思っていた。
しかし、別々のクラスになると遊ぶ友達も変わっていく。
アキラはプラモデル好きの心優しき友人、野村と仲良くなる。
一方、光一は学校中の話題になるほどの大げんかを繰り広げた謎の転校生・鮫島とツルむようになっていく。
友情・裏切り・キモチのすれ違い…。
新学期が進んで行くにつれ、段々と疎遠になっていく二人。
そんな二人の前にある事件が起こる。
言葉にならない想いを抱えたまま、少しだけ成長したアキラと光一は河原で再会を果たすのだが…。
<概要>
1999年/カラー/75分/35mmフィルム上映
キャスト
鈴木雄作 / 水野真吾 / 芳賀優里亜 / 鈴木優也 / 能登絵梨菜 / 小貫華子 / 安藤奏
スタッフ
監督・脚本:塩田明彦
製作: 堀越謙三 松田広子 / 撮影: 鈴木一博 / 美術: 三ツ松けいこ / 音楽: 岸野雄一

映画紹介 『たぬきがいた』


 「たぬきがいた」映画公式サイト: http://tanukigaita.com/

とある田舎町に住む10歳の少年・小川琢磨。
琢磨とその両親は、祖母の死をきっかけに、東京へと引っ越しをする。
「狸がいるらしい」と父から聞かされてやってきたのは、東京の多摩ニュータウン。
ある日、度々おとずれる公園の団地の5階から光のシグナルを感じとる。
琢磨は恐る恐る、光のシグナルを発していた家のインターホンを押す。
扉から出てきたのは、ひとりの老婆。
「助けてくれないか……」
そう言い部屋へと招き入れる老婆。
琢磨は恐る恐る部屋の中へと入っていく ??????。
<概要>
2014年/カラー/91分/BD
キャスト
吉村実子 / 仁科貴 / 伊藤ひなた / 村上真都ラウール
スタッフ
監督・脚本・編集:榊祐人
撮影監督: 山田達也


当サイトは、 《たえのは》で制作運営されています。

  たえのはバナー
個人情報取扱基本方針